上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
約3年ぶりの沈黙を破ってナンパに復帰しました!!

ナンパって、一度辞めると復帰しづらいんですよね。

周りのナンパ仲間も同じく、一度ナンパから離れるとなかなか帰ってきません。

ナンパの魅力は、街で見つけたかわいい女の子としゃべれること!仲良くなれること!!

そして、うまくいけば女の子とエッチができる!!!

でも、楽しいことばかりではありません。街で声かけてもガンシカ(シカト)されるのは当たり前。

時には罵声を浴びることもあります。

結果が出なければ、これ以上無駄な時間はありません。

ナンパは想像以上に労力を伴います。

そんなナンパに、自分が何で戻ってきたか!?

「かわいい女の子とエッチがしたい」ってのもあるけど、

一番の理由は、殻に閉じこもっている自分を変えたい!!という思いでした。

ナンパを辞めてからどんどん視野が狭くなって、

社交性がなくなってダメ人間になっている気がしました。

少しでも行動範囲を広げたい!!

その変わるきっかけになればと思い、ナンパを再開することに。




そもそもなぜナンパを辞めたかというと、始まりは情熱の欠如・モチベーションの低下でした。

どれぐらいやる気がなかったかといえば、女の子としゃべるのが面倒くさい。

相手を知ろうとしない。おざなりのトーク。そんなんじゃ、結果を残せるはずありません。

結果が出なければ、楽しくない。ナンパ師との地蔵中もモチベの下がるトークばかり。

見るに見かねてか、ナンパ仲間からこう指摘されました。

「ほっとさん、やる気がないなら祭り(ナンパOFF)に参加しないほうがいいよ。

みんなの士気が下がるだけだから。」

まさにその通り!!

普段、こんな発言をしない彼がそういうことを言うんですから、相当重症でした。

次第にナンパ師の集まりから足が遠のいていき、しばらく休養することに。

すぐに復帰するつもりでしたが、

仕事が変わりナンパOFFに参加する機会もなくなり時が過ぎていきました。




女と無縁の生活を送っているとどうなるかというと、


デブになりましたー(笑)


仕事のストレスと怠惰な生活により、ぶくぶく太っていきました。

とてもナンパができる体ではなくってしまいました。

そんな女と縁のない生活の中で、

年末にグリーンさん(ナンパ仲間)からナンパ師の忘年会のお誘いがありました。

約2年ぶりに仲間と再会した感想は、みんな男前になっていた!!!

これが、2年間やってきた人との差なんだなーと痛感。

昔のナンパ仲間から、ありがたくも「また、一緒にナンパしよーよ」と誘っていただきました。

ダイエットに成功したら戻ってくると言うと、ある凄腕ナンパ師から、

「ほっとさん、太っているからナンパしないのは言い訳だよ。」とツッコミを受けました。

痩せたからといって、女の子の反応が格段によくなるわけではありません。

でも、自分の中で中途半端な状態で復帰したくなかったんです。

太った状態で声かけても絶対成功しないと思うんです。

太っている後ろめたさや自信のなさが相手にも伝わるんで。

ナンパでもっとも大事なものは「自信」

自分の中で、ダイエット抜きにはナンパを再開することはありえませんでした。

忘年会に参加してよかったです。自分には帰る場所があるんだなと思いました。

また、ナンパの世界に戻ってこようと決意した一日でした。

それから半年後、仕事・時間に余裕ができたので、6月から本格的にダイエット開始。

週4回の5キロ(月100キロ)のジョギング・1日100回の腕立て・150回の腹筋

食事制限をして約3ヶ月で10キロの減量に成功!!

過酷なダイエットもまたナンパをしたいという気持ちがあったから達成できたかもしれません。

そして、一応目標体重まで減ったので、7月からナンパに復帰することにいたりました。




ナンパって、世間から見ればすごくイメージが悪い。決して人に誇れる趣味ではありません。

でも、ナンパによって、得られるものはいっぱいあると思うんですよ!!!

行動力、コミュニケーション能力、忍耐力。

そして、ウォーキングによるダイエット効果(笑)

こんなにも人を成長させる道楽って他にあります?

男を磨くにはナンパしかありません。

スポンサーサイト
2011.09.21 Wed l ウンチク l COM(4) TB(0) l top ▲
モテる人間に共通していること。

それは、自信があること。

いろいろなナンパ師と合流して、ふと気づいたことがあった。
結果を出している人は、皆、自信がある人間だと。

では、どうやったら、自信をつけることができるか?

(女の)経験値、成功体験を積み重ねるしかないと思う。

だから、自分は結果至上主義である。

戦果が出ていないと、タイプでもない子に声かけてバンゲなり連れ出したりすることもある。
結果が出ないことによって、自信をなくさないために。

去年のこの時期、スランプに陥った。
自信をなくしていたから。

他人と比較して、こんなに声かけているのに、
(俺だけ)結果が出ないんだろうってマイナス思考になっていた。

春の訪れとともに、自分は自分。他人は他人。と考えるようになってから、スランプは脱出した。
ルックスを磨いて、経験値を積み重ねることによって、
自信がつき次第に結果が出てくるようになってきた。

もうナンパを始めて、1年ちょい。
飽きて、今は惰性でやっている感。

生まれ持ってモテる人間とモテない人間がいる。
間違いなく、自分は後者である。

モテたい!好みの女を落としたい!!

そんな理由から、まだナンパを続けているんだろう。

ナンパは、自信をつける(モテる)ための特効薬だから。
2008.03.12 Wed l ウンチク l COM(9) TB(0) l top ▲
連れ出しの勝率を上げるには、立ち止めて話すこと。

平行トークに比べて、お店や改札に逃げられる心配ないんで、好きな時間だけ和むことができる。

相手の警戒心がとれて、和んだな~と思うところで、

「立ち話もなんなんで、○○で話さない?」

と連れ出し打診すれば、連れ出せることが多い。
女の子に(連れ出される)言い訳を与えることができるし、連れ出す大義名分もできる。

相手が迷っている様子なら、その時は、言い訳を与えてあげればよい。
グダなら、すぐに話題を変えて和み直し、時間を置いて再打診するか離脱する。

特に、コンビの場合、立ち止めて和むことができるかできないかで、結果は変わってくると思う。

立ち止めさせることが、何よりも難しいんですが(笑)
2008.03.06 Thu l ウンチク l COM(0) TB(0) l top ▲
ナンパにおいて、最大の敵は言い訳。

足が速いから。もう改札に入るから。ガンシカされそうだから。

諦める前に、声かけよー!
声かけて、失うもんはない。
声かけ数なんて、どうだっていい。

地蔵してても、何も得るものはない。
ナンパは、結果出してなんぼの世界。

声かけたもの勝ち。
声かけなければ、何も始まらない。
2008.02.16 Sat l ウンチク l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。